インド企業、多国籍企業にとってのゲートウェイ

ケードシティは産業開発のための好ましい環境を最大限に持ち合わせています。様々な産業分野のインド企業と多国籍企業の双方が繁栄ある共存を推進するよう設計されており、このシティはインドに進出・成功したい企業に多くの機会を提供します。

なぜケードシティなのか

ケードシティが提供する金銭面での恩恵

マハラシュトラ州政府が提供する

‘C’ゾーン奨励策:

  • 付加価値税(VAT)の還付
  • 印紙税の免除
  • 電気税の免除
  • 電気料金に対する助成金
  • 金利に対する助成金

インド政府が提供する

経済特区への奨励策:

  • 直接税の免除
  • 間接税の免除
  • 簡素化した手続き
クリアな地権関係
熟練した人材
最高レベルのインフラ
環境省の認可を取得済み
素早いスタートアップ
徒歩での通勤というカルチャー
優れた物流面の接続性
Excellent Logistics Connectivity

ケードシティのマスタープラン

国内関税エリア(非経済特区地域

インド国内市場にはインド企業および多国籍企業の両方に対して多種多様な機会があります。700エーカーにおよぶ非経済特区地域は主にインド市場向けの企業に特別なプラットフォームを形成しています。この国内関税エリアにおけるインセンティブは、マハラシュトラ州政府のインセンティブスキームが受け取れます。これらのインセンティブは、条件に適格する企業に付与されます。当スキームの管轄省庁は、産業省となります。

経済特区

インド経済特区法および法令によると、経済特区とは関税・税金に関して外地とみなされる地域です。経済特区には主に輸出中心の企業が拠点をおいています。これらの企業は、輸出利益に対する間接税・直接税の免除を含め、様々な有利なインセンティブが提供されます。ケードシティにおける経済特区はエンジニアリング分野向け経済特区です。認定委員会(Unit Approval Commitee:UAC)により経済特区の適合性が判断され、その後承認書(Letter of Approval: LOA)が交付されます。

非産業地域

ケードシティは統合された都市です。便利な都市生活が必要とするものがすべてそろっている場所です。徒歩通勤のカルチャーを促進し、そのために、ケードシティは居住施設・教育施設・娯楽施設・医療施設・公共施設および市民が必要とする他の施設が含まれています。非産業地域は住宅および商業用の地域は特化された地域です。

支援施設案
  • 産業用設備: 警察署、消防署、職業訓練校・研究センター、食堂、ビジネスオフィス、駐車場
  • 支援設備: 学校・カレッジ、医院・医療センター、スポーツ複合施設・レクリエーションセンター・ジム、小型店、図書館、居住施設
  • 商業用設備: ホテル・サービス付きアパート、スーパーマーケット・ショッピングモール、レストラン、銀行、展示場、ガソリンスタンド
KhedCity Garden

KhedCity Garden

KhedCity School

KhedCity School

KhedCity Hospital

KhedCity Hospital

Khedcity Hotel

Khedcity Hotel

Khedcity Residential

Khedcity Residential

Khedcity Mall

Khedcity Mall

Khedcity Super Market

Khedcity Super Market

最高レベルの

電力

100 MWの承認を取得済み
現在40 MWが使用可能

7 MLの貯水施設が
配置済み

道路

58キロの道路網が
整備済み

最高レベルのインフラ

ケードシティは工場に対して最先端のインフラを提供します。このシティは計画的に作られた街であり、サポートインフラが既に整っているため、工場が迅速に配置できます。その結果、迅速に工場操業を立ち上げることができ、短期間で利益を上げることができ、成長が加速されます。

  • 配置済みの貯水および配水用インフラ
  • 純水の供給から再利用水の分配まで含む水管理
  • 持続的な開発を考慮した雨水貯留
  • 安全で効率的な雨水集水・排水システム
  • 7 ML貯水施設が配置済み、2 MLD容量の揚水装置が設置済み
  • 50 MLD貯水の許可を政府へ申請済
道路
  • 58キロの道路網が整備済み
  • ケードシティ工業団地近辺のインフラ:ケードシティへ迅速で安全に通えるように州道103、ケードシティへの道路が拡張済み
  • ケードシティ工業団地内インフラ:インド道路協会(Indian Road Congress: IRC)の定める基準に則った道路網が建設済み/li>
警備保障
  • 24時間体制にて警備員配置
救急サービス
  • 最先端技術を活用する効率的な防火システムが配置済
  • 現場救急車サービス
電力
  • 100 MW電力の承認を取得済
  • 現在40 MWが使用可能
  • 33/11 KV容量の2つの変電所が稼働中
  • 州電力会社が100 MVA容量のMRS 220/33 KV新変電所を設置中
Khed Industrial Training Institute (ITI:ケード職業訓練校)
  • ケードシティから15キロメートルに所在する職業訓練のモデル校
  • 州政府と官民パートナーシップを組みカリヤニグループが設立
  • 1,000人以上が訓練を受け、熟練した人材群の確保を保証研修のカスタマイズが可能

ケードシティへの接続

道路
  • プネ市中心まで50キロ
  • チャカン市まで19キロ
  • ムンバイ・プネ高速道路入口まで46キロ
鉄道
  • プネ駅まで53キロ
  • チンチワド内陸コンテナー倉庫まで45キロ
  • タレガオン内陸コンテナー倉庫まで45キロ
空港
  • プネ空港まで50キロ
  • ムンバイ空港まで161キロ
港湾
  • JNPT 港まで146キロ
  • ムンバイ港まで168キロ