工業用ホットスポット

PuneはTalegaon、Pimpri-Chinchwad、Bhosari、Ranjangaon、Chakanなどの大規模産業クラスターの中心地です。Pimpri-Chinchwadの町には4,000を超える製造単位が点在しています。 市内には400の多国籍企業があります。 プネーはインド企業にとってドイツ最大のハブでもあります。 インド – ドイツ商工会議所によると、ここに225社以上のドイツ企業が事業を立ち上げています。 DMIC(Delhi Mumbai Industrial Corridor)に位置しているため、最近では産業活動がより高度に推進されています。

自動車用ハブ

Puneはインドで最も重要な自動車の中心地の1つで、ここでは国内外の巨人が製造されています。 マヒンドラ、フォースモーターズ、フォルクスワーゲン、ダイムラーベンツ、ジャガーランドローバー、ルノー、MTU FN。 TATA Autocomp Systems、Robert Bosch GmbH、ZF Friedrichshafen AG、Visteon、Continental AGなどの自動車部品メーカーがここにあります。 インドで利用可能なすべての車の公認を担当するIndiaの自動車研究協会(ARAI)は、プネに基づいています。

開発機関

イギリス軍ラジ以来の重要な軍事基地として、Puneは国家防衛研究所と防衛研究開発機構(DRDO)や軍備研究開発機関のような製造部門を持っています。 したがって、市は防衛機器製造業者と供給業者にとって肥沃なビジネスの拠点です。

教育ハブ

世界中から何千人もの学生が、さまざまな学術コースを受講するためにPuneにやって来ます。 多くの評判の高い教育機関がそれを「オックスフォード・オブ・ザ・イースト」と名付けました。 Puneの先駆的な教育機関の歴史は、The College of Engineering PuneとFergusson Collegeが設立された1800年代に遡ります。 Puneは、国立防衛アカデミー、インド映画テレビ協会、シンビオシス国際大学、ILSローカレッジ、武装医科大学などの国内評判の機関でも有名です。

ITハブ

Puneは、Tata Consultancy Services、Infosys、Amdocs、KPIT、Cognizant、Accenture、Persistent Systems、IBM、Wipro、Symentecなど、すべての主要なITおよびソフトウェア企業がPuneを拠点としている、主要なIT先です。 PuneのITハブは、Hinjawadi、Hadapsar、Pimpri-Chinchwad、Kalyani Nagar、Nagar Roadなど、市内各地に点在しています。主要な国内、国外、および国際的なIT企業が市内に点在しています。

文化の首都

Puneは、Maharashtraの文化の中心地としても有名です。 Puneには数多くの劇場グループ、クラシック音楽、ダンス劇団、詩人、作家、著名なアーティスト、映画製作者、俳優がいます。 ププネの文化は伝統的なインドと西洋の芸術、音楽、ダンス、そしてライフスタイルの美しい調和を反映しています。 Puneの国際社会とマルチプレックス、ショッピングモール、ナイトクラブ、レストラン、スポーツゾーン、アウトドアアドベンチャーからなる豊かな社会インフラは、これまでにない活気あるオーラを街に与えています。

心地よい気候

丘に囲まれた高原に囲まれたPuneは、穏やかな気候です。 夏、モンスーン、冬の3つの季節があります。 湿度がないため、夏の暑さの間でさえ不快感のレベルを低く保ちます。 気持ちの良い気候のため、住みやすい場所です。 疑いの余地はないが、Puneは海外駐在の人々にとって一番の人気だ。

Indiaの一流工業国にある

Puneはインドで最も工業化された州の1つであるMaharashtraにあり、政府主導の産業開発条項があります。

  • インディアナ州の最も都市化された州のひとつ。
  • 国内GDPの14%を占める最大のGDP貢献者。
  • 工業投資を誘致する最先端の州 – インディアナ州の国内プロジェクトの18%。
  • インディアナの対外直接投資は23%です。
  • 一人当たりの収入(ユーロ)1075ユーロ2番目に高い国。
  • インドの工業生産高の18.4%、輸出の27%を占めています。
  • ビジネスにやさしい政府.
  • 国際的な人口が多く、熟練した、熟練していない、技術的および非技術的なスタッフがいる。