ケードシティにて工場建設中のHyosung T&D India Pvt Ltd

By January 28, 2016 News, Units Making in Khedcity
888

Hyosung India to set up manufacturing facility in Khed City.

韓国の大手企業Hyosung Corporationの子会社であるHyosung T&D India Private limitedはインド政府の国家プログラムである メイク・イン・インディアに基づき、製造工場をマハラシュトラ州のプネ市の近くにあるケードシティで設立します。.

Hyosung Indiaは当工場で最先端技術を使ってインド国内市場向け高電圧ガス絶縁型開閉器と関連する付属品を製造し、送電の効率性と信頼性の強化を図ります。Hyosung Indiaは14エーカーの土地を賃貸しており、2016年の6月から生産を開始する予定です。

マハラシュトラ州の産業開発を担う政府機関のMaharashtra Industrial Development Corporation (MIDC)とプネに拠点を置くカリヤニグループの合弁会社Khed Economic Infrastructure Limited (KEIPL)はケードシティのプロモーションを行っています。MIDCがケードシティの株式26%、カルヤニグループが74%を保有しています。KEIPLが所有する4213エーカーの土地にて当プロジェクトが開発されています。

Hyosung社が自社施設を建てる最適な地としてケードシティを選定した理由として、担保を付ける必要のない土地、物流の重要地点への接続性、現場での優れたインフラ、電力・水・排水処理施設へのアクセス、訓練された熟練人材獲得が可能であることから迅速な立ち上げが可能であることが挙げられます。ケードシティはインドの環境森林保護省から環境関連認可を取得しており、企業が迅速に製造工場を立ちあげ、操業開始できるというユニークな特色を持っています。

インド政府の取り組みである”メイク・イン・インディア”イニシアティブと「事業のしやすさ」は、マハラシュトラ州政府の取り組み「メイク・イン・マハラシュトラ」プログラムと合わせ、ケードシティの経済活動を向上させています。ケードシティの現場には、数多くの生コンクリートプラント、バッチ混合コンクリートプラント、ビチューメン予混合プラント、プレキャストコンクリート製品があり、多くのの工場が建設中であることが分かります。また、増加中の様々な携帯電話会社の中継塔は、通信施設が増えていることを示しています。ケードシティで創り出されているエコシステムは、ケードシティがマハラシュトラ州における重要製造拠点となっていることを示しています。

ケードシティで既に工場設備を立ち上げている企業としては、MARS India Limited、JSW MI Steel、Lenze Mechatronics、Linnhoff India、Hira Technologies、Maico Ventilationがあります。これらの企業が地元の人にビジネス・雇用の機会を提供しています。

ケードシティは今まで100億ルピーの投資を呼び込んでいます。このプロジェクトは統合的な工業団地として開発されています。ケードシティの土地が確保された地域であるニムガオン、ダウディ、ケンドゥル、カネルサルという村は本開発によりかなりの恩恵を得ており、ケードシティの工場は雇用機会も提供しています。企業の関心がケードシティへ高まりつつある状況は現地の人々へもより多くの利益をもたらしているのです。

Hyosung T&Dが製造工場を設立するためにケードシティを選定したことは、ケードシティの地が製造業投資先として最も望ましい地であることを示しています。米国の多国籍企業MARSのケードシティでの工場建設は最終段階に入っており、当工場はアジア最大のチョコレート製造工場になります。インド国内外の企業が工場建設の地としてケードシティを選んでおり、マハラシュトラ州へ多額の投資を呼び込むものとなり、当州のビジネスと雇用をの拠点となりつつあります。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/khedcity/public_html/japanese/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399